SCORE CARDBACK NUMBER

元気な副社長・丸藤正道は、
ノアの窮地を救えるか。
~三沢光晴の後継者にかかる重責~ 

text by

門馬忠雄

門馬忠雄Tadao Monma

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS

posted2010/03/29 06:00

元気な副社長・丸藤正道は、ノアの窮地を救えるか。~三沢光晴の後継者にかかる重責~<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

1月4日にIWGPジュニアのベルトを奪取した丸藤。3月5日の金本浩二との防衛戦では必殺技の不知火を返されるなど苦戦した

 故・三沢光晴さんの後継者、ノア副社長・丸藤正道の動きが活発だ。

 昨年12月、右ヒザ前十字靭帯断裂から約9カ月ぶりに復帰。新春恒例の1・4東京ドーム大会に乗り込み、タイガーマスクを破ってIWGPジュニア王座を奪取。メジャー3団体のジュニア完全制覇で存在感を見せつけた丸藤は、新日本との対抗戦に勝ってもなお「まだ本調子に戻っていない」とコメントしたものだ。

 あれから2カ月。3月5日、新日本の後楽園ホール大会で“ジュニアのカリスマ”金本浩二と対決、難敵を31分44秒の熱闘の末、必殺ポールシフトで沈め、2度目の防衛を達成した。「40代の挑戦者は最強だった」と、金本を揶揄する余裕ぶり。'08年11月、全日本の近藤修司戦でベストバウト賞を獲得した頃と同じベストの状態に戻ったと見てよさそうだ。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 579文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

創刊30周年特別編集日本サッカー マイ・ベストゲーム。

関連記事

丸藤正道

プロレスの前後の記事

ページトップ