SCORE CARDBACK NUMBER

’04年のキーワードは速さと信頼性の進歩。 

text by

今宮純

今宮純Jun Imamiya

PROFILE

photograph byFujio Hara

posted2004/11/18 00:00

’04年のキーワードは速さと信頼性の進歩。<Number Web> photograph by Fujio Hara

 さて、'04年シーズンも終了。振り返ればデビュー14年目のM・シューマッハーが年間13勝のワールドレコードを樹立。まさに“ベスト・オブ・シューマッハー”とでも呼べるようなシーズンだった。

 それは昨年の成績と比べればより鮮明だ。6回目の王座を手にしたものの、年間6勝、ポールポジション5回、最速ラップは5回にとどまっていた。それが今年はほぼ“倍増”の年間13勝、PP8回、最速ラップ10回。中でも最も評価したいのがレース中にマークされた最速ラップで、勝てなかったモナコGP(トンネル内事故)や中国GP(スピンなどで12位)でも誰よりも速いタイムを刻んだ。独走優勝のパターンに持ち込めばあとは流してもいいはずだが、今年のシューマッハーはほとんどそういうことをしなかった。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 639文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

日本代表インタビュー特集 ある結実。

F1の前後の記事

ページトップ