SCORE CARDBACK NUMBER

一時代を築いた男、原田雅彦引退の意味。 

text by

藤山健二

藤山健二Kenji Fujiyama

PROFILE

posted2006/04/06 00:00

 ノルディックスキー・ジャンプの原田雅彦(雪印)が引退した。5度目の代表となったトリノ五輪では体重が規定に200g足りず失格。現地では「次のバンクーバーで雪辱したい」と現役続投に意欲を見せていたが、37歳という年齢もあり、帰国後に引退を決断した。

 '94年リレハンメル五輪の団体戦では金メダルを目前にしながら2回目に97.5mと失速。世紀の大失敗で日本中のため息を誘ったが、'98年の長野五輪では見事に金メダルを手にした。まさに山あり谷ありの競技生活だったが、常に笑顔を絶やさず、独特のキャラクターでジャンプを人気競技にした功績は大きい。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 658文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

王JAPAN 世界一の誇り。WBC Our Pride & Prize

関連記事

原田雅彦
トリノ五輪
オリンピック・パラリンピック

冬季スポーツの前後の記事

ページトップ