SCORE CARDBACK NUMBER

幻の“二代目力道山”、大木金太郎さん逝く。 

text by

門馬忠雄

門馬忠雄Tadao Monma

PROFILE

photograph byEssei Hara

posted2006/11/23 00:00

幻の“二代目力道山”、大木金太郎さん逝く。<Number Web> photograph by Essei Hara

 昭和の名残りがまたポツリと消えた。'60年代から'70年代にかけて、ファンから“頭突きの金ちゃん”と親しまれた大木金太郎(本名 金一=キム・イル)さんが10月26日、韓国・ソウルの病院で心不全のために亡くなった。享年77。大木さんとは40年近い付き合いであった。

 レスラーや我々は仲間を愛称で呼ぶ。「デカイの」が故ジャイアント馬場、「胸毛」が故マンモス鈴木、「アゴ」がアントニオ猪木……。わざわざ名前を呼ばなくとも、それで会話は成り立つ。「石頭の金ちゃん」と呼ばれた大木さんは、前出3人とともに、力道山の日本プロレス時代は“新人四天王”といわれた。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 646文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

[彼らは何故、安住の地を捨てたのか]越境秘話。

プロレスの前後の記事

ページトップ