SCORE CARDBACK NUMBER

新日本と全日本が握手、歴史的合体の伏線。 

text by

門馬忠雄

門馬忠雄Tadao Monma

PROFILE

posted2006/12/21 00:00

 ドーム興行の休止を宣言して1年。来年創立35周年を迎える新日本プロレスが、武藤・全日本とシェイクハンド。新春恒例の1・4東京ドーム大会が開催されることになった。一部スポーツ紙は、対立関係にあった2団体の合同興行は歴史的なビッグニュースであると報じたが、沈滞ムードのプロレス界にとっては久し振りのクリーンヒットと言える。

 確かに新日本設立者のアントニオ猪木を「非常識だ」と言って新日本を飛び出したあの武藤敬司が、サイモン猪木社長と一緒に合同発表の席についたのには驚かされたが、かといって筆者にとってはさほどショッキングな出来事ではない。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 660文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

バルサを狙え! WANTED ! BARCA

Sports Graphic Number 668

バルサを狙え! WANTED ! BARCA

 

新日本プロレス
全日本プロレス

プロレスの前後の記事

ページトップ