SCORE CARDBACK NUMBER

藤波辰爾、52歳。「無我」にかける想い。 

text by

門馬忠雄

門馬忠雄Tadao Monma

PROFILE

posted2006/10/26 00:00

 「猪木さんの手のひらから逃げたのではなく、降りたんですよ」

 錆びついたブランド、新日本を見切ったドラゴン藤波辰爾、52歳の独立である。

 9月15日、地元九州・アクロス福岡で旗揚げし、25日の東京・後楽園ホールで全5戦を終えた「無我ワールド・プロレスリング」。藤波の愛弟子・西村修(35)ほか後藤達俊(50)、ヒロ斉藤(45)、吉江豊(32)、長井満也(37)、竹村豪氏(34)の所属は7選手。各会場でシングル5試合という小規模のパッケージ興行。久し振りに巡業についてみたのだが、シンプルでわかりやすかった。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 656文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

日本サッカー 黄金の行方。Still Believe in Football

プロレスの前後の記事

ページトップ