SCORE CARDBACK NUMBER

生え抜きスターが監督に。
野村謙二郎が見せた潔さ。
~来季の広島は“脱ブラウン”~ 

text by

永谷脩

永谷脩Osamu Nagatani

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS

posted2009/12/22 06:00

生え抜きスターが監督に。野村謙二郎が見せた潔さ。~来季の広島は“脱ブラウン”~<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

走攻守、三拍子揃った選手として活躍し、'95年には史上6人目の3割、30本、30盗塁を達成

 12年連続でBクラスに低迷する広島東洋カープ。再生役として白羽の矢が立ったのは43歳の野村謙二郎である。

 12球団最年少監督になる野村の現役時代は緒方孝市、前田智徳とともに、「広島三羽ガラス」と呼ばれ、2005年には2000本安打を達成した名選手だった。

 成績だけでなく、若手の頃から後輩に対する面倒見の良さ、そして年長者に対しても自分の意見をきちんと伝えることで、チーム内で存在感を発揮。早くから将来の監督候補に挙げられていたものだ。

 '09年、新広島市民球場が完成した時の目玉として「野村を新監督に」という動きもあったが、広島フロント陣の「1年目は目新しさでお客さんも集まるが、本当の勝負は2年目から。2年目以降は、広島の伝統を守り続けられる監督に任せることが、集客につながる」という思惑で見送られたと聞く。そしてこのオフ、満を持して広島の新監督に就任したのである。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 506文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

親子論。天才男子のつくりかた

Sports Graphic Number 743

親子論。
天才男子のつくりかた

 

関連記事

野村謙二郎
マーティ・ブラウン
広島東洋カープ

プロ野球の前後の記事

ページトップ