SCORE CARDBACK NUMBER

豪雨が明らかにした、WGPの問題点。 

text by

遠藤智

遠藤智Satoshi Endo

PROFILE

photograph bySatoshi Endo

posted2009/05/03 06:00

豪雨が明らかにした、WGPの問題点。<Number Web> photograph by Satoshi Endo

 今年もナイトレースとされたWGP開幕戦・カタールGP決勝は、雨のため大荒れの結果となった。

 最初に行なわれた125ccクラスは、スタート直後に降った雨のため、わずか4周で赤旗中断。ハーフポイントでレースが成立した。続く250ccクラスは、雨も上がりドライコンディションで行なわれたが、本来20周のレースを13周に短縮してスタートが切られた。

 それもこれもモトGPクラスを時間通りにスタートさせるための措置で、レースの公正さより“興行=TV中継”を優先させていると言われても仕方のない進行だった。それにもかかわらず、予定通りにスタートが切られるはずだったモトGPクラスは、ウォームアップ直前に再び激しい雨に見舞われ、レースは異例の翌日延期となった。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

モータースポーツの前後のコラム

ページトップ