SCORE CARDBACK NUMBER

チャンプ候補の来季が
明るく開けない理由。
~WGPライダー青山博一の苦悩~ 

text by

遠藤智

遠藤智Satoshi Endo

PROFILE

photograph bySatoshi Endo

posted2009/09/16 06:00

チャンプ候補の来季が明るく開けない理由。~WGPライダー青山博一の苦悩~<Number Web> photograph by Satoshi Endo

来季も青山の笑顔は見られるだろうか。日本人ライダーにとってはまさしく受難の時代だ

 WGP250ccクラスで6年目のシーズンを戦う青山博一が、念願のタイトル獲得に向けて着実に前進している。第11戦チェコGP(250ccクラスは10戦目)を終えて総合首位。2年前に開発の止まったホンダRS250RWで3勝を挙げる素晴らしい走りに、あらためて評価が高まっている。

 しかし、来季に向けてのストーブリーグでは、大苦戦を強いられている。すでに、総合2位のA・バウティスタがスズキ、3位のM・シモンチェリがホンダ・グレッシーニ、4位のH・バルベラがチーム・アスパー(ドゥカティ)からモトGPクラスに移籍することが決まった。もちろん、青山博一も話題に上るが、いまだに決定的なものはなく、その理由は「日本人だから」という言葉に尽きるようだ。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

青山博一

モータースポーツの前後のコラム

ページトップ