SCORE CARDBACK NUMBER

大人の走りを身につけて、
芳賀が狙う初タイトル。 

text by

遠藤智

遠藤智Satoshi Endo

PROFILE

photograph bySatoshi Endo

posted2009/04/02 07:00

大人の走りを身につけて、芳賀が狙う初タイトル。<Number Web> photograph by Satoshi Endo

 スーパーバイク世界選手権(SBK)に参戦する芳賀紀行が、開幕戦オーストラリア大会の第1レースで移籍後初レースでの勝利を挙げた。

 開幕前の会見では「(ドゥカティに移籍して)勝てるマシンなのだから、みんな勝って当然だと思っている。すごいプレッシャー」と語っていた。過去最高の重圧の中で戦ったレースでの勝利に「これまで一番だった'96年の鈴鹿8耐の優勝より嬉しい」と、喜びを爆発させた。

 '97年にヤマハで全日本スーパーバイクチャンピオンになり、'98年からSBKにフル参戦した。以後、11年間で2年間だけモトGPに参戦したが、9年間に及ぶSBKでは、ヤマハ、アプリリア、ドゥカティ(プライベートチーム)、そして再びヤマハと、そのほとんどをワークスチームで戦った。最高ランキングは2位が2回。3位が4回。常にチャンピオン争いに加わり、勝つか転ぶかという熱い走りで、世界中のファンを魅了してきた。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

芳賀紀行

モータースポーツの前後のコラム

ページトップ