SCORE CARDBACK NUMBER

「辛い」一発で決めた男・村田、
本塁打王の意味。 

text by

永谷脩

永谷脩Osamu Nagatani

PROFILE

photograph byHideki Sugiyama

posted2007/11/15 00:00

「辛い」一発で決めた男・村田、本塁打王の意味。<Number Web> photograph by Hideki Sugiyama

 10月6日、広島市民球場。佐々岡真司が9回2死から本拠地最後のマウンドに立った。相手は横浜の4番、村田修一。1−3からのストレートを、村田はレフトスタンドに叩き込んだ。それは、花道を飾ろうとする男に対して、武士の情けにもとる行為ともいえた。試合後、本人は唇を噛んでこう言った。

 「打って辛いホームランは今日が初めてです」

 ただ、結果的にこの「辛い」36号がヤクルト・ガイエルとの競り合いに決着をつけることになった。昨季は日本人選手のなかで本塁打、打点トップ。そして今季、ついに本塁打王を獲得したのである。いまや数少ない正真正銘の日本人大砲になった。この意味は実は大きい。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 576文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

[日本シリーズ完全詳報]竜の戴冠。

関連記事

村田修一
横浜ベイスターズ

プロ野球の前後の記事

ページトップ