SCORE CARDBACK NUMBER

荒削りでも大胆に。
全英に挑む石川遼の姿勢。 

text by

三田村昌鳳

三田村昌鳳Shoho Mitamura

PROFILE

photograph byKYODO

posted2009/07/16 06:00

荒削りでも大胆に。全英に挑む石川遼の姿勢。<Number Web> photograph by KYODO

ミズノオープン、13アンダーで今季初勝利を飾り全英オープン出場を決めた。通算3勝目

 石川遼が、4月のマスターズに続いて、全英オープンに挑戦する。17歳での全英オープン出場は、日本選手では、1978年、倉本昌弘の22歳を抜く、最年少記録である。今回は、マスターズや8月の全米プロの特別招待枠出場と違って「~全英への道~ミズノオープンよみうりクラシック」で優勝し、自らの力で掴んだ価値ある出場権だ。

 その優勝も劇的だった。最終日、2位の選手に5打リードして迎えた12番ホールで、第1打のドライバーショットを左に引っかけてOB。打ち直したショットも再びOB。さらに3打目も左のOBラインすれすれで、このホールで9を叩いて、 韓国のキム・ヒョンソンに並ばれた。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 597文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

[創立75周年記念特集]ジャイアンツ 「常勝帝国の新次元」

関連記事

石川遼

男子ゴルフの前後の記事

ページトップ