SCORE CARDBACK NUMBER

いよいよ日本が直面する、「ポスト琢磨」という宿題。 

text by

大串信

大串信Makoto Ogushi

PROFILE

posted2005/10/13 00:00

 どんなスポーツでも同じ事だろうが、若い才能の育て方に絶対の正解はない。今日本のモータースポーツ界でもそれについて頭を悩ませている人々が大勢いる。

 佐藤琢磨のB・A・R正シート喪失のニュースは、日本のレース界にも大きな波紋をもたらした。この原稿を執筆している時点で彼の去就は定かではないが、もしこのまま佐藤がF1から姿を消すにせよ、何かの裏技が功を奏して現場残留を果たすにせよ、今後は「佐藤の後継者がどこにいるのか。その才能をどう育てるか」に焦点があたることになるだろう。

 近年、注目を集めているのがホンダのドライバー育成プログラムの一環、フォーミュラドリームで活躍する塚越広大である。今年は開幕から5連続ポールトゥウイン、昨年からは通算8連勝中である彼は、特例としてシーズン途中であるにもかかわらず上位の全日本F3選手権参戦の機会を与えられた。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 537文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

[祝!阪神タイガース優勝]猛虎絢爛。
佐藤琢磨

モータースポーツの前後の記事

ページトップ