SCORE CARDBACK NUMBER

ひと回り大きくなって井上康生が完全復活。 

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

photograph byShino Seki

posted2006/06/22 00:00

ひと回り大きくなって井上康生が完全復活。<Number Web> photograph by Shino Seki

 微笑といってもいい穏やかな笑顔で、喜びをかみしめていた。6月3、4日の全日本実業柔道団体対抗で1年5カ月ぶりに大会に出場した井上康生だ。

 内容が圧巻だった。綜合警備保障のメンバーとして出場した井上は、初戦の大金良二(ダイコロ)相手に開始1分、内股で一本勝ちを収める。続く準決勝、アテネ五輪90kg級銀メダルの泉浩には、一瞬の隙を見逃さず送り襟絞めで一本。決勝では再び内股で一本。対戦相手の新日本製鐵、永井亮平はチームメイトに「強え。防げるかなと思ったけど」と首を振った。内股は井上の最大の武器である。分かっていても止められない切れ味が、なによりも復活のほどを物語っていた。

この記事は有料会員限定です。
有料会員になると続きをお読みいただけます。

井上康生
北京五輪
オリンピック・パラリンピック

格闘技の前後のコラム

ページトップ