SCORE CARDBACK NUMBER

ひと回り大きくなって井上康生が完全復活。 

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

photograph byShino Seki

posted2006/06/22 00:00

ひと回り大きくなって井上康生が完全復活。<Number Web> photograph by Shino Seki

 微笑といってもいい穏やかな笑顔で、喜びをかみしめていた。6月3、4日の全日本実業柔道団体対抗で1年5カ月ぶりに大会に出場した井上康生だ。

 内容が圧巻だった。綜合警備保障のメンバーとして出場した井上は、初戦の大金良二(ダイコロ)相手に開始1分、内股で一本勝ちを収める。続く準決勝、アテネ五輪90kg級銀メダルの泉浩には、一瞬の隙を見逃さず送り襟絞めで一本。決勝では再び内股で一本。対戦相手の新日本製鐵、永井亮平はチームメイトに「強え。防げるかなと思ったけど」と首を振った。内股は井上の最大の武器である。分かっていても止められない切れ味が、なによりも復活のほどを物語っていた。

 '00年のシドニー五輪で金メダルを獲得、その後も国際大会で無敵を誇った井上にとってこの2年間は苦しい日々だった。「100%金メダル確実」と言われたアテネ五輪では金はおろか、何色のメダルも取れずに終わった。再起をかけた'05年1月の嘉納治五郎杯で優勝したものの、大胸筋腱断裂の大怪我を負い、手術と長期のリハビリをよぎなくされた。その最中には兄を喪う不幸にみまわれた。

 「偉大な兄であり、大好きな兄でした。康生という柔道家を理解し支えてくれた」

 本来は快活な井上だが、しばらくは人前に出ることが辛く、そういう自分を嫌悪したこともあったという。

 それらの日々を経て出場を決めた大会直前にも苦しんだ。学生相手の練習試合では極度の緊張から腕が動かないこともあるほど、精神的な重圧に襲われたのだ。だが大会当日、一変した。

 「不安はありました。でも緊張が消え、出られる喜びを感じてのびのびやれた」

 その結果が3戦一本勝ちである。練習を見守り続けた東海大・中西英敏監督は「心技体、怪我の前より大きくなったように感じられた」と評した。

 大会に戻るという一つの目標を果たした井上が目指すのは、アテネのリベンジとなる北京五輪での金メダルである。

 「この1年5カ月、楽しい日もあれば勉強になる日もありましたけど、やはり苦しい日が多かった。これからもいろいろなことが立ちはだかるでしょう。でもいろいろなことを学びましたから」

 困難を乗り越え、より強さを増して戻ってきた井上の北京への道が今始まった。

格闘技の前後のコラム

ページトップ