SCORE CARDBACK NUMBER

秋場所で頭角を現した豪栄道の“有言実行”。 

text by

服部祐兒

服部祐兒Yuji Hattori

PROFILE

posted2007/10/18 00:00

 有言実行。「二桁勝って、三賞を取りたい」。場所前、新入幕の抱負を力強く語った豪栄道(境川部屋)が、宣言通りの大活躍。11勝4敗の好成績を挙げ、見事敢闘賞を受賞した。11日目を終了した時点で、なんと優勝争いの単独トップ。明治42年の優勝制度の制定から新入幕力士の優勝は、大正3年の両国ただ一人。その由緒ある四股名を継いだのが師匠の境川親方ということも何かの縁か。93年ぶりの歴史的偉業へ挑む21歳の若武者が、秋場所の終盤戦の話題を独占した。

 しかし、そこから先が難しかった。最初の“刺客”は、小結の安馬。1横綱2大関を倒し、大関への足固めを狙う安馬の武器は低さとスピード。体格的には互角だったが、相撲の厳しさには雲泥の差があった。豪栄道は立合いの圧力に先手を許し、苦し紛れに前に出るも、回り込まれ後ろにつかれる最悪の体勢。豪快に「送り吊り落とし」で土俵に叩きつけられた。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

豪栄道

相撲の前後のコラム

ページトップ