SCORE CARDBACK NUMBER

個性のある若手、豊真将と豊響に期待。 

text by

服部祐兒

服部祐兒Yuji Hattori

PROFILE

posted2007/09/06 00:00

 名古屋場所では、地元琴光喜が大活躍。実に5年半ぶりに日本人大関が誕生したが、次代を担う若手日本人力士として存在感を示したのが、豊真将(26歳)と豊響(22歳)である。ともに山口県豊浦町(現下関市)出身。自然に恵まれた豊浦町の「海と味覚といで湯の町」というキャッチフレーズに、新たに「相撲どころ」が加わるかもしれない。

 10日目まで1敗を守り、優勝争いに絡んだ豊真将は、終盤こそ5連敗したものの、相撲の中味が激変した。強靭な下半身を支えにした守りの辛抱相撲から、常に前に出る攻めの突撃相撲へ。左右のおっつけ、はず押し、廻しを引きつけての寄り。これまでの礼儀正しい好青年から荒々しい野武士へと一変したのだ。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

相撲の前後のコラム

ページトップ