SCORE CARDBACK NUMBER

WBCで思わぬ高視聴率。代表人気を野球人気へ。 

text by

渡辺勘郎

渡辺勘郎Kanrou Watanabe

PROFILE

photograph byNaoya Sanuki

posted2006/04/06 00:00

WBCで思わぬ高視聴率。代表人気を野球人気へ。<Number Web> photograph by Naoya Sanuki

 メジャーリーグ選手が参加する初の試みだった国別対抗戦、ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)は日本の優勝という最高の結末で幕を閉じたが、この大会は日本のスポーツメディアにとって嬉しい誤算の連続だった。

 スポーツ紙はネタ枯れのこの時期に、思わぬ追い風で好調な売れ行きを見せ、優勝すると号外まで出した。

 昨夏、大会が発表された時点で、これほど盛り上がるとは予想されていなかった。日本で行われた1次リーグは読売新聞主催にもかかわらず、日本代表の3試合をTBS、日本テレビ、テレビ朝日の民放3社系列が1試合ずつ放送し、グループの日テレが独占放送しなかったことだけを見ても、それは明らかだ。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 616文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

王JAPAN 世界一の誇り。WBC Our Pride & Prize

プロ野球の前後の記事

ページトップ