SCORE CARDBACK NUMBER

国内最激戦区のライト級。K-1新カテゴリの前評判。 

text by

布施鋼治

布施鋼治Koji Fuse

PROFILE

photograph bySusumu Nagao

posted2008/06/12 00:00

国内最激戦区のライト級。K-1新カテゴリの前評判。<Number Web> photograph by Susumu Nagao

 「K―1ライト級って、どうなるんですか?」

 最近、キックボクシングの関係者や選手からよくこの類の質問を受ける。中にはK―1の谷川貞治イベントプロデューサーの連絡先を聞いてくる人も。色めき立つ人が多いのも無理はない。7月7日、日本武道館で行なわれるK―1ワールドMAXの枠内でK―1ライト級がスタートすることになったからだ。規定体重は60kg。今大会に出場する日本人選手は、“爆腕”大月晴明、魔裟斗の盟友・大宮司進、“期待のルーキー”上松大輔の3名。それぞれ海外の強豪と闘う。

 MAXの売りは人類最激戦区。だったらライト級の売りが何になるかといえば、歴史と伝統ということになるだろうか。ライト級はヘビー級に次いで二番目に古い階級なのだ。しかも、国内ではMAXの70kg級以上に選手層が厚い。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 549文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

[欧州選手権プレビュー]彼らが賭すもの。
大月晴明
大宮司進
上松大輔

格闘技の前後の記事

ページトップ