SCORE CARDBACK NUMBER

日本男子ツアーの今そこにある危機。 

text by

三田村昌鳳

三田村昌鳳Shoho Mitamura

PROFILE

photograph byTaku Miyamoto

posted2007/05/17 00:00

日本男子ツアーの今そこにある危機。<Number Web> photograph by Taku Miyamoto

 51歳の倉本昌弘が一時帰国して、つるやオープンに出場し、2位タイに入った。倉本は、昨年から米国のシニアツアーであるチャンピオンズツアーに参戦している。倉本はこう言ってはばからない。

 「日本の男子ツアーは、(50歳以上の選手が出場する)アメリカのチャンピオンズツアーのレベル以下ですよ」

 確かに、チャンピオンズツアーは、シニア選手たちの“お遊び”という気分で挑戦して、勝てるような甘いものではない。いや、上位に食い込むのすら難しいレベルだ。事実、倉本も昨年は4位が最高順位である。

 日本の男子ツアーはここのところ視聴率低下、ギャラリー数減少など人気の低迷が指摘されている。ジャンボ尾崎や青木功らが活躍していた頃は40を超えた年間試合も、今年は24にまで減った。この事態に、テレビ局や代理店、スポンサーからは危機感がひしひしと伝わってくる。だが、残念ながらこの意識を共有している選手は、ごく一部だ。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

男子ゴルフの前後のコラム

ページトップ