SCORE CARDBACK NUMBER

ACLの戦いに見た、“スタイル”を持つ強さ。 

text by

浅田真樹

浅田真樹Masaki Asada

PROFILE

posted2007/04/19 00:00

 日本勢の戦いぶりに注目し、AFCチャンピオンズリーグ(以下、ACL)を見ているのだが、試合の度に、アジアの底知れぬパワーに唸らされている。浦和、川崎といえども、曲者たちは、簡単に勝たせてはくれない。

 浦和が対戦したペルシク・ケディリ(インドネシア)の技術は、お世辞にも高いとは言えないものだった。にもかかわらず、低い位置からでも、執拗に短いパスをつないでくる。ヨタヨタとタイトロープを渡ってくるかのような、無謀さと紙一重の勇敢さは、だからこそ、不気味なほどの主張があった。

 川崎と対戦したバンコク・ユニバーシティ(タイ)にしてもそうだ。圧倒的に押されていても、“ボールを持ったときには”待ってましたとばかりに、生き生きと動き始める。焦りで平常心を失っていた川崎とは、あまりにも対照的だった。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 563文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

メジャーを生きる。 SET IT OUT!

Sports Graphic Number 676

メジャーを生きる。 SET IT OUT!

 

Jリーグの前後の記事

ページトップ