SCORE CARDBACK NUMBER

五輪招致で不利な立場の東京に秘策はあるか。 

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

posted2009/03/12 00:00

 東京都が立候補している2016年夏季五輪開催都市の招致活動が佳境を迎えている。

 実際に決定するのは今年10月に行なわれる国際五輪委員会(IOC)総会での投票だが、昨年の一次選考を経て残った東京、シカゴ(アメリカ)、マドリード(スペイン)、リオデジャネイロ(ブラジル)の4都市は、2月中旬に開催計画をまとめた「立候補ファイル」をIOCに提出。今春にはこのファイルを踏まえ、IOC評価委員会による各都市の視察が行なわれる。この時点で流れは決定付けられる。

 東京が立候補ファイルで掲げたポイントは3つだ。「平和への貢献」、ほとんどの競技会場を半径8km圏内に集約する「五輪史上最もコンパクトな大会」、地球温暖化の防止につながる二酸化炭素(カーボン)削減を優先した「世界初のカーボンマイナス五輪」である。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 572文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

東京五輪
オリンピック・パラリンピック

他競技の前後のコラム

ページトップ