SCORE CARDBACK NUMBER

熟成を重ねた名コンビの、代表での共演が見たい。 

text by

大友信彦

大友信彦Nobuhiko Otomo

PROFILE

photograph byTamon Matsuzono

posted2006/05/25 00:00

熟成を重ねた名コンビの、代表での共演が見たい。<Number Web> photograph by Tamon Matsuzono

 1996年2月。青学大2年だった岩渕健輔は、来日したACTブランビーズと日本選抜のSOとして対戦、初めて桜のジャージーを着た。同年11月、京産大3年の大畑大介は台北で開かれたアジア選手権決勝の韓国戦で3トライを決め、テストマッチデビューを飾った。

 それから10年。30歳になった2人は新しいステージに足を踏み入れる。

 日本のエース大畑は、4月23日の韓国戦で2トライ。テストマッチ通算トライを62とし、豪州のキャンピージが持つ世界記録64に迫った。この日の韓国はケガなどで主力を欠き、日本は前半だけで33対0と圧倒。日韓戦では異例のユルい展開に、大畑は「正直3つは(トライを)ほしかった」と笑わせながら「ここで無理なプレーをしてると、あとで痛い目にあう」と、先の舞台を見据えた。この試合では執拗なタックルで相手ボールを奪い、相手の集中タックルを浴びてもボールを活かし……とタフに働き抜いたのも覚悟の表れだ。爆発的なスピード、タックルを突き破る強さ、ともに進歩し続けるジャパンの高速機動戦車。来年のフランスW杯には「新記録の65と言わず、最低でも70まで伸ばして乗り込む」。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 445文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

W杯32カ国ストライカー列伝 攻撃者。 Master of The Goals

ラグビーの前後の記事

ページトップ