SCORE CARDBACK NUMBER

P5Nで見た選手の奮起。だが喜んでばかりは……。 

text by

大友信彦

大友信彦Nobuhiko Otomo

PROFILE

photograph byShinsuke Ida

posted2006/07/24 00:00

P5Nで見た選手の奮起。だが喜んでばかりは……。<Number Web> photograph by Shinsuke Ida

 夜空に手拍子が響いた。7月1日の大阪・長居。7点を追う日本代表はなりふり構わぬ14人モールでフィジーのゴールに迫る。記録的大敗を続けてきたジャパンが、久々に演じたタフな戦いに、スタジアムは熱くなった。

 だが、奮闘は報われなかった。ロスタイムが8分を過ぎ、万策尽きた日本がモールから出したボールを奪われ、90mを切り返されるダメ押しトライを許す。火花散るタックルでいくらターンオーバーしても攻め手がない。激戦ではあったが、中身はスコア以上の完敗だった。

 太平洋5カ国対抗(P5N)は4戦全敗、勝ち点ゼロの最下位。だが、試合後の指揮官は上機嫌だった。「今日の目標は達成した。だから私は微笑んでいられる。ここにいるキャプテンも同じだと思う」。隣に座る大野均主将に笑みはなかった。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 591文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

ドイツW杯 死闘のフィナーレWorld Cup Germany 2006 The Final

ラグビーの前後の記事

ページトップ