SCORE CARDBACK NUMBER

クリス・ウェバーが移籍の次に狙う夢。  

text by

宮地陽子

宮地陽子Yoko Miyaji

PROFILE

posted2007/03/22 00:00

 夢が現実になることがある。クリス・ウェバーの場合は、現実になったのは6歳の甥の夢だった。

 1月、チームの若返りを進めるフィラデルフィア・セブンティシクサーズとの間で契約買取の交渉が成立してフリーエージェントとなったウェバーが、次の契約先として出身地のチーム、デトロイト・ピストンズを考えていたとき、甥が見た夢の話を聞いた。彼の夢の中で、ウェバーは背番号84のピストンズ・ユニフォームを着て試合をしていたのだという。

 実際、ウェバーが大学時代からつけていた背番号“4”は、ピストンズでは永久欠番となっていてつけることができなかった。高校時代と同じ“44”をつけようと思っていたウェバーだが、甥の夢の話を聞いて“84”をつけることにした。「その夢で僕らは試合に勝っていたというしね」とウェバーは言う。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 569文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

[永遠の革命者たち]宣戦。

Sports Graphic Number 674

[永遠の革命者たち]
宣戦。

 

バスケットボールの前後の記事

ページトップ