SCORE CARDBACK NUMBER

注目ルーキー大場翔太は、ガムシャラに壁を越える。 

text by

永谷脩

永谷脩Osamu Nagatani

PROFILE

posted2008/02/28 00:00

 滅多にブルペンには姿を見せないソフトバンク・王貞治監督が、今季のキャンプでは第1クールに2度も足を運んだ。6球団競合の末に獲得したドラフト1位ルーキー、大場翔太(東洋大)のピッチングを見るためである。

 楽天・長谷部康平(愛工大)、ヤクルト・加藤幹典(慶應大)とともに、大学出身ルーキービッグ3と呼ばれる逸材だ。王は、高校生ドラフトの抽選で中田翔を外した後、大学生ドラフトでは地元・福岡大の白仁田寛和を回避して、競合が予想される大場指名に踏み切った。それは、大学時代に見せた大場のスタミナを高く評価したからだった。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 588文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

[新監督の本音を問う]岡田ジャパンに夢はあるか。
大場翔太
福岡ソフトバンクホークス

プロ野球の前後の記事

ページトップ