SCORE CARDBACK NUMBER

追悼・加藤博一。愛された男の一生。 

text by

永谷脩

永谷脩Osamu Nagatani

PROFILE

posted2008/02/14 00:00

 横浜ベイスターズがまだ大洋ホエールズと呼ばれていたころの話だ。港町・横浜にちなんで、私設応援団は外野スタンドにドラを持ち込んでいた。ドラに合わせ『蒲田行進曲』が流れると、パンチパーマの男が登場する。男は「ひろかずぅー」という大声援が3度コールされるのを待って打席に立つ──。

 明るい性格といぶし銀のプレーでハマの人気者だった加藤博一。1月21日、肺がんのため永眠した。

 '70年、佐賀の多久工高からテスト生として西鉄ライオンズに入団し、'76年に阪神に移籍した後、'83年から大洋でプレー。通算2割7分1厘、23本塁打という記録は、はっきり言ってたいした成績ではない。しかし、ファンの記憶に残る特別な存在感があった。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 586文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

[欧州チャンピオンズリーグ]ビッグクラブ攻略論。
高木豊
屋鋪要
横浜ベイスターズ

プロ野球の前後の記事

ページトップ