SCORE CARDBACK NUMBER

カージナルスの勝ち頭、今期は立てるか檜舞台。 

text by

出村義和

出村義和Yoshikazu Demura

PROFILE

photograph byYukihito Taguchi

posted2005/09/29 00:00

カージナルスの勝ち頭、今期は立てるか檜舞台。<Number Web> photograph by Yukihito Taguchi

 「一度も頭をかすめたことがないといったら嘘になる。でも、それはいま考える必要のないこと。最優先されるのは、目の前の試合をいかにして勝つかということだ」

 勝利数を始め、投手成績の多くでベスト3に名を連ねるクリス・カーペンターは、サイ・ヤング賞に関する質問が飛ぶと、判で押したように答える。

 昨年の『カムバック賞』以外、賞やタイトルとは無縁の30歳は、マウンド上だけでなく、クラブハウスでも感情をのぞかせることはほとんどない。

 カットファストボールやスライダーなどを巧みに操り、打たせて取ることを基本にしながら、三振を取りにいくべきところではきっちり取る。そんな隙のない完成度の高い投球ぶりは、カーペンターという人物像そのものという感じがする。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 577文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

[Japan GP Preview]鈴鹿にすべてを。

Sports Graphic Number 637

[Japan GP Preview]
鈴鹿にすべてを。

 

MLBの前後の記事

ページトップ