SCORE CARDBACK NUMBER

川崎のACL敗戦から、
アウェーゴールを考える。 

text by

浅田真樹

浅田真樹Masaki Asada

PROFILE

photograph byTomoki Momozono

posted2007/11/01 00:00

川崎のACL敗戦から、アウェーゴールを考える。<Number Web> photograph by Tomoki Momozono

 G大阪が、鹿島との準決勝を“アウェーゴール・ルール”で制し、ナビスコカップ決勝進出を果たした。

 アウェーゴール・ルールとは、ホーム・アンド・アウェーの2試合を終え、勝利数、総得点で並んだ場合、アウェーゴール、つまり敵地での得点の多いほうが勝ち上がる、というもの。ヨーロッパのカップ戦などでは当たり前のこのルールも、日本では昨年のナビスコカップから取り入れられたばかりだ。

 つまり、日本の選手やサポーターにとっては、これまで内容を頭では理解していても、肌感覚で知る機会はほとんどなかったわけである。今年のAFCチャンピオンズリーグ(以下、ACL)では、その経験の必要性を思い知らされた。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 606文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

[クライマックスシリーズ全詳報]決戦燃ゆ。

関連記事

川崎フロンターレ

Jリーグの前後の記事

ページトップ