SCORE CARDBACK NUMBER

早いレフェリーストップは
試合の魅力を損なうか。
~ボクシング、逆転KO減少の理由~ 

text by

前田衷

前田衷Makoto Maeda

PROFILE

photograph byBOXING BEAT

posted2009/11/26 06:00

早いレフェリーストップは試合の魅力を損なうか。~ボクシング、逆転KO減少の理由~<Number Web> photograph by BOXING BEAT

'83年9月、関博之戦では両者9度のダウンの末、ジャッカル(右)が6回KO勝ちを収めた

「最近のボクシングは(レフェリーの)ストップが早すぎて面白くない。今、俺が現役だったら、みんなKO負けにされちゃいますよ」

 先頃、30年近く前に活躍した“逆転KO男”ジャッカル丸山さん

(写真右)

を取材したら、こう嘆いていた。古くからのファンは即座に納得するに違いない。およそ洗練とはほど遠い“喧嘩ボクシング”で、古口哲や関博之らの元アマチュアのエリートを撃破した。KO寸前のピンチに耐え、劣勢をひっくり返す。倒し倒されの激闘の果て、最後に勝者として手が上がるのはジャッカルだった。何度、逆転KO劇で後楽園ホールを沸かせたことだろう。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 648文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

W杯出場32カ国決定未知なる大陸を征服せよ!

関連記事

ボクシングの前後の記事

ページトップ