SCORE CARDBACK NUMBER

「世界王者」の乱発が
PFPの価値を高める。
~最強ボクサーはファンが決める~ 

text by

前田衷

前田衷Makoto Maeda

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2009/11/11 06:00

「世界王者」の乱発がPFPの価値を高める。~最強ボクサーはファンが決める~<Number Web> photograph by Getty Images

ミゲル・コット(右)を倒し、メイウェザーとのPFPキング決戦に弾みをつけたいパッキアオ

 スーパーチャンピオン、名誉王者、休養王者、暫定王者に正規王者……。今どき「世界王者」を名乗るボクサーは覚え切れないほど存在する。

 WBA、WBC、IBF、WBOといった通称アルファベット団体は、次から次に新手のタイトルを考え出す(認定料稼ぎの手段としか考えられないが)。昔のように稀少価値を売り物にできなくなったチャンピオンたちは、複数王座を獲得するか、よほどのカリスマがないと稼げない。だからというわけでもあるまいが、近年注目されてきたのが「パウンド・フォー・パウンド(PFP)」という評価法だ。以前は「ミニマム級からヘビー級まで、体重を一定と仮定したとして……」という説明が必要だったが、今はその手間も省けるほどファンの間に浸透してきた。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 603文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

欧州サッカー&W杯予選特集スペインを極める。

関連記事

マニー・パッキャオ
ミゲール・コット
フロイド・メイウェザー

ボクシングの前後の記事

ページトップ