SCORE CARDBACK NUMBER

大型ルーキーがついに迎える「真実の瞬間」。 

text by

前田衷

前田衷Makoto Maeda

PROFILE

posted2007/03/08 00:00

 今年のチャンピオンカーニバル随一の好カードが目前に迫ってきた。3月3日後楽園ホールで行われる日本フェザー級王者・梅津宏治(30)対、挑戦者・粟生隆寛(22)のタイトルマッチである。

 この際「WBC世界12位」などという粟生の肩書は忘れよう。3歳でグローブを手にしたボクシング・エリート。史上初の「高校6冠」を達成し、超大型ルーキーとして「ボクシング版・松坂大輔」のような脚光を浴びてきた男である。

 「東の粟生か、西の亀田か──」

 以前このコラムで、こう書いたこともある。しかしその後亀田は関西から東京の協栄ジムに鞍替えし、急ぎ世界に駆け上がった。これとは対照的に、粟生は亀の歩みを続けた。帝拳ジムの方針でジックリと熟成に時間をかけ、魅力的なサウスポーのカウンター・パンチャーぶりに磨きをかけてきたのである。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 558文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

[松坂大輔 メジャー上陸]覚醒する怪物。
粟生隆寛

ボクシングの前後の記事

ページトップ