SCORE CARDBACK NUMBER

人材難とは言わせない。日本の若きホープたち。 

text by

前田衷

前田衷Makoto Maeda

PROFILE

posted2007/02/08 00:00

 人材難がいわれて久しい日本ボクシング界だが、これから活躍しそうなホープを厳選してご紹介したい。

 マラソンレースに例えれば集団から飛び出しトップを独走するのが、22戦全勝13KOのホルヘ・リナレス(21)。17歳でベネズエラから来日し、帝拳ジム入り。

 プロ転向前から自国で「ゴールデンボーイ」と期待された天才少年は4年を超す東京暮らしですっかり逞しくなった。敏捷さとカウンターの鋭さ抜群の教則本通りの正統ボクシング。すでにWBA世界フェザー級2位にランクされ、時間の問題となった王座挑戦は、もし勝てなければ番狂わせといわれるだろう。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 669文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

日本サッカー 2007年の設計図。Tha Beginning of New Era

関連記事

粟生隆寛
ホルヘ・リナレス

ボクシングの前後の記事

ページトップ