SCORE CARDBACK NUMBER

レベルの高い審判を育成するには? 

text by

木崎伸也

木崎伸也Shinya Kizaki

PROFILE

posted2008/06/12 00:00

 誤審や暴言など、最近Jリーグでは審判が悪い意味で注目を集めることが多くなった。いったいどうすれば審判のレベルは上がるのか? FIFA国際レフェリーが最も多い国、ドイツの審判育成事情が参考になるだろう。

 ドイツサッカー協会の審判部門責任者フォルカー・ロートは言う。

 「審判は若いときからスペシャリストを育てることが重要。各地域に教官を置き、講習会を開くなど、若手の育成に力を入れています」

 実際、ドイツでは幼いころから主審を目指す子どもが多く、12歳になると資格を取ることもできる。その代表例が2006年にブンデスリーガ最年少主審記録を更新したミヒャエル・ケンプターだ。12歳で笛を吹き始めたケンプターは、地域リーグから次々と昇格していき、23歳で1部デビューを果たした。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 548文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

[欧州選手権プレビュー]彼らが賭すもの。

関連記事

Jリーグの前後の記事

ページトップ