SCORE CARDBACK NUMBER

北京五輪は大丈夫?模索する北島康介。 

text by

黒澤猛

黒澤猛Takeru Kurosawa

PROFILE

posted2006/07/04 00:00

 いったいどうしてしまったのだろう。北島康介が苦しみ続けている。

 「復調の足がかりをつかめたら」

 8月のパンパシフィック選手権へ向けて、6月中旬に行なわれた日本代表合宿中、そうつぶやく姿があった。

 '04年のアテネ五輪で、前評判通りの強さを発揮して平泳ぎ100、200mで2冠に輝き日本競泳陣の大黒柱となった北島だが、その後は本人も納得のいかない状態が続いている。

 '05年4月の日本選手権200mでは3位。5年ぶりに日本人選手の後塵を拝し、同年7月のモントリオール世界水泳でのこの種目の代表を逃した。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

北島康介
北京五輪
オリンピック・パラリンピック

水泳の前後のコラム

ページトップ