SCORE CARDBACK NUMBER

“チャンピオン渡り鳥”として活躍する仕事人。 

text by

宮地陽子

宮地陽子Yoko Miyaji

PROFILE

posted2008/10/23 00:00

 優勝チームを渡り歩く選手がいる。差し詰め、“チャンピオン渡り鳥”といったところか。優勝請負人と呼ぶほど大黒柱というわけでもなく、単なるラッキーチャームだと言うほどオマケの存在でもない。むしろ優勝に至る過程で勝負を決めるようなプレーをする実力と勝負強さを持っていて、その功績を認められて次のチームに移籍し、そこでもまた優勝、ということを繰り返す。チーム選びの嗅覚もいいのかもしれない。

 その最たる例がロバート・オーリーだ。プロ3年目にヒューストン・ロケッツで優勝して以来、ロケッツでさらにもう1回、ロサンゼルス・レイカーズで3回、サンアントニオ・スパーズで2回、計7回もの優勝を果たしている。勝負強く、試合がかかった場面でのシュートを何本も決めていることから、“ビッグショット・ロブ”のあだ名を持っている。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 543文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

【永久保存版 引退記念特集】野茂英雄のすべて。
ロバート・オーリー
ヒューストン・ロケッツ
ロサンゼルス・レイカーズ
サンアントニオ・スパーズ
マイアミ・ヒート
ボストン・セルティックス
ニューオーリンズ・ホーネッツ

バスケットボールの前後の記事

ページトップ