SCORE CARDBACK NUMBER

リーグをひっかき回した夏のクリッパーズ台風。 

text by

宮地陽子

宮地陽子Yoko Miyaji

PROFILE

posted2008/10/09 00:00

 率直に言って、クリッパーズはこれまで主役になることがないチームだった。地元ロサンゼルスではレイカーズの陰に隠れ、節約家のオーナーの方針で選手のサラリーは抑えられ、育てた選手にも逃げられるチームだったのだ。

 '01-'02シーズンから大黒柱としてチームを支えてきたエルトン・ブランドは、そんなチームのイメージを何とか変えようとしてきた。この夏にフリーエージェント(FA)となった時もクリッパーズを去年夏のボストン・セルティックスにするという大胆な夢を持っていた。セルティックスは1年前にレイ・アレンとケビン・ガーネットを獲得。長年チームを支えていたポール・ピアスを加えた3人のスターを中心としたチームで昨季優勝を果たした。低迷チームでも一気に優勝に手が届くところまで行けるという、再建のお手本のような例だったのだ。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 549文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

[阪神タイガース最強論]岡田の虎。

関連記事

エルトン・ブランド
コーリー・マゲティ
バロン・デイビス
マーカス・キャンビー
クリッパーズ
ボストン・セルティックス

バスケットボールの前後の記事

ページトップ