SCORE CARDBACK NUMBER

39歳が頂点に立つ
女子テニスの“異常事態”。
~伊達公子を踏み台にせよ!~ 

text by

秋山英宏

秋山英宏Hidehiro Akiyama

PROFILE

photograph byHiromasa Mano

posted2010/01/01 08:00

39歳が頂点に立つ女子テニスの“異常事態”。~伊達公子を踏み台にせよ!~<Number Web> photograph by Hiromasa Mano

全豪本戦出場に加えツアー優勝も果たした'09年の伊達は、ランキングを100以上あげた

 シーズンも最終盤になって、女子世界ランキングの国内トップが入れ替わった。ITFサーキット(ツアー下部大会)のダンロップ・ワールドチャレンジで優勝したクルム伊達公子が前週の82位から71位に浮上、森田あゆみに代わって日本勢の最上位となったのだ。

「100位以内という目標をクリアできて、しかもツアー大会で優勝できるとは思ってもみなかった。出来すぎです」と1年を振り返った伊達だが、国内トップ浮上に関しては「12年のブランクのあった私がトップになるのは、日本の女子テニスにとって、いい状況ではない。若い選手に育ってほしいという気持ちは当然ある」と渋い表情を見せた。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 621文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

南アフリカW杯 対戦国研究。日本の論点2010

関連記事

瀬間友里加
奈良くるみ
クルム伊達公子
森田あゆみ

テニスの前後の記事

ページトップ