SCORE CARDBACK NUMBER

米1年目、小林雅が語る諦めと切り替えの美学。 

text by

津川晋一

津川晋一Shinichi Tsugawa

PROFILE

photograph byYukihito Taguchi

posted2008/10/23 00:00

米1年目、小林雅が語る諦めと切り替えの美学。<Number Web> photograph by Yukihito Taguchi

 なかなか自分の思い通りには行かない。スポーツに限らずどの世界でも共通のことだが、それを乗り越える秘訣として「諦め」と「切り替え」が大事だとインディアンズの小林雅英投手に諭されると、妙に説得力がある気がする。

 57試合で4勝5敗、防御率4.53、6S。メジャー1年目の今季、小林が残した数字だ。千葉ロッテ時代に日本球界初の7年連続20Sを記録し“幕張の防波堤”とよばれた守護神からすれば納得できるはずはない。だが当の本人は「日本時代は9年間ずっと同じ抑えをやっていた。マンネリというか、球場へ向かう楽しさが薄れていると感じてたんです。今は登板するシチュエーションが読めないので、難しいっちゃ難しいけど、その読めない部分が楽しいっちゃ楽しいんですよね」と屈託ない。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

小林雅英
クリーブランド・インディアンス

MLBの前後のコラム

ページトップ