SCORE CARDBACK NUMBER

若きトップ選手の引退が
相次ぐのはなぜか。
~長期テニスツアーの過酷さ~ 

text by

秋山英宏

秋山英宏Hidehiro Akiyama

PROFILE

photograph byHiromasa Mano

posted2009/09/09 06:00

若きトップ選手の引退が相次ぐのはなぜか。~長期テニスツアーの過酷さ~<Number Web> photograph by Hiromasa Mano

クライシュテルスは、'07年全豪ベスト4の4カ月後に引退。2年ぶりの復帰は吉と出るか

 元世界ランク1位で、杉山愛のダブルスパートナーも務めたキム・クライシュテルス(ベルギー)が、2年ぶりにツアー復帰した。「興奮したわ。この日のために長い間、練習してきたんですもの」と語ったクライシュテルス。復帰戦となった米国シンシナティ大会で全仏覇者のスベトラーナ・クズネツォワ(ロシア)を撃破するなど、26歳になってもその力強さは健在だ。

 看板選手のカムバックは朗報だが、それにしても、このクライシュテルスといい、昨年、25歳でツアーを引退したジュスティーヌ・エナン(ベルギー)といい、なぜトップ選手が若くして引退に追い込まれるケースが相次いだのか。2年前、自身のウェブサイトで引退を発表した際、クライシュテルスはこう書いている。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 599文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

勝利を掴む13の方法論あの人のノートが見たい。

関連記事

キム・クライシュテルス
杉山愛
ジュスティーヌ・エナン

テニスの前後の記事

ページトップ