SCORE CARDBACK NUMBER

ホンダの秘蔵っ子、清成が満を持して世界を戦う。 

text by

遠藤智

遠藤智Satoshi Endo

PROFILE

photograph bySatoshi Endo

posted2008/02/28 00:00

ホンダの秘蔵っ子、清成が満を持して世界を戦う。<Number Web> photograph by Satoshi Endo

 英国スーパーバイク選手権(BSB)で2年連続チャンピオンの清成龍一が、今季からいよいよスーパーバイク世界選手権(WSB)に参戦する。所属するのは、チャンピオンチームのテンカテ・ホンダ。昨年、チャンピオンを獲得したJ・トーゼランドが最高峰クラスのモトGPにステップアップし、次なるチャンピオンを狙える逸材として同チームに迎え入れられた。

 WSBは改造範囲が厳しく制限され、タイヤもピレリのワンメークとなっている。さらにこの数年は、モトGPクラスでシートを失ったベテランたちの流入でレベルが上がった。その厳しい戦いの中で、昨年はBSB出身のトーゼランドがチャンピオンになった。過去を振り返れば、BSBチャンピオンからWSBチャンピオンになった選手は多く、BSB2連覇の清成がWSBにチャレンジするのは、当然の成り行きだった。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 524文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

[新監督の本音を問う]岡田ジャパンに夢はあるか。
清成龍一
テンカテ・ホンダ

MotoGPの前後の記事

ページトップ