SCORE CARDBACK NUMBER

世界の強豪と戦うには、Jの笛を世界基準に! 

text by

木崎伸也

木崎伸也Shinya Kizaki

PROFILE

photograph byMichi Ishijima

posted2007/01/11 00:00

世界の強豪と戦うには、Jの笛を世界基準に!<Number Web> photograph by Michi Ishijima

 「2006年で日本代表にとって最も重要だった試合は?」と質問したなら、ほとんどの人はドイツW杯のオーストラリア戦と答えるのではないだろうか。もし勝利していれば、あれほど惨めな大会にはならなかったはずだ。

 敗因としては、両国の監督の差をあげる声が多い。ジーコが小野伸二を投入してチームを混乱させたのに対して、ヒディンクの交代はズバリ当たった。ヒディンクは普段の紅白戦のときから、「今から0対1で負けている状況だ!」と叫んで、点差を考えた練習をしていた。そのときケーヒル→ケネディ→アロイージという順番で投入して、布陣を次々に変化させることも徹底。日本戦の展開は、まさに普段の練習どおりだったわけだ。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 616文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

[総力特集 2006年の真実]甦る死闘。

サッカー日本代表の前後の記事

ページトップ