SCORE CARDBACK NUMBER

優勝の陰の立役者、
細川亨が化けた理由。 

text by

永谷脩

永谷脩Osamu Nagatani

PROFILE

posted2008/10/23 00:00

 監督交代で生き返った典型が埼玉西武ライオンズの女房役・細川亨だろう。前監督の伊東勤はかつての名捕手。自分と比べてしまうせいか、なかなか及第点を出すことはなかった。

 結果を出せず、自信を失いかけていた時に、監督が交代したのである。

 「結果については何も言わないけれど、配球を組み立てる過程をキチンと説明できるようにしてくれ」という渡辺久信新監督の指導方針が、細川にマッチしたのだろう。思い切りのよさが買われて、今季はほとんどの試合でスタメンのマスクをかぶっている。

 「優勝の陰の立役者は細川だ」と言った渡辺監督が最も評価した点は、投手に安心して、変化球を投げさせる強肩ぶりである。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 586文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

【永久保存版 引退記念特集】野茂英雄のすべて。

関連記事

細川亨
渡辺久信
埼玉西武ライオンズ

プロ野球の前後の記事

ページトップ