SCORE CARDBACK NUMBER

高田チルドレン大活躍。大穴ヤクルトに注目せよ。 

text by

永谷脩

永谷脩Osamu Nagatani

PROFILE

posted2008/04/17 00:00

 巨人の選手の年俸総額は約53億円、一方、ヤクルトの年俸総額は約22億円。おまけにエース(昨季16勝のグライシンガー)と4番(昨季29本塁打のラミレス)を引き抜かれたチームを任された高田繁監督は、シーズン前、「何も恐いものはなし。かえって思い切りやれるよ」と語っていた。その開き直りそのままに、ヤクルトは巨人との開幕3連戦で50年ぶりの3連勝を果たしたのだ。

 そんな高田ヤクルトのスタートダッシュを支えた脇役が3人いる。それぞれが高田イズムによって復活した、いわば「高田チルドレン」である。

 1人めは1番打者として立派に牽引役を果たした川島慶三。藤井秀悟、坂元弥太郎、三木肇と交換で、日本ハムから橋本義隆、押本健彦とともにやってきた内野手である。昨年まで日ハムのGMをやっていた高田が目をかけていた選手で、「出血覚悟で藤井の名前を出したら乗ってきた」という古巣のチーム事情を熟知した上でのトレードだった。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 508文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

[PACIFIC LEAGUE SENSATION]熱パを揺らせ!
高田繁
川島慶三
田中浩康
福川将和
東京ヤクルトスワローズ

プロ野球の前後の記事

ページトップ