SCORE CARDBACK NUMBER

首脳陣も絶賛の西岡剛、
大ブレークの予感。
~ツインズの2番・二塁に定着へ~ 

text by

四竈衛

四竈衛Mamoru Shikama

PROFILE

photograph byYukihito Taguchi

posted2011/04/08 06:00

首脳陣も絶賛の西岡剛、大ブレークの予感。~ツインズの2番・二塁に定着へ~<Number Web> photograph by Yukihito Taguchi

2番セカンドに定着した西岡は連続安打ストップにも「内容のある打席だった」と語った

 オープン戦の連続安打試合が「13」でストップしても、ツインズ西岡剛の評価は不変だった。3月26日のレッドソックス戦では、先発した松坂大輔に対し、3打数無安打に終わった。それでも、キャンプイン以来、走攻守すべてにおいて西岡が見せてきた資質の高さは、もはや「新人」の枠組みを超越しており、周囲から不安視する声は聞こえてこない。

 ツインズといえば、過去9年間で地区優勝6回を誇るプレーオフの常連。その一方で、地区シリーズでは5回連続敗退し、昨季までポストシーズン12連敗中と、短期決戦で力を発揮できないイメージが定着した。伝統的には、安定した投手力を主体に接戦で白星を重ねるチームカラー。昨オフ、ポスティングでツインズ初の日本人選手となる西岡獲得に積極的に動いたのも、調子の波が少ない機動力を補強するためだった。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 505文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

黄金世代がプロ野球を面白くする。

関連記事

西岡剛
ミネソタ・ツインズ

MLBの前後の記事

ページトップ