SCORE CARDBACK NUMBER

BSを得た新天地で中野の巻き返しに期待。 

text by

遠藤智

遠藤智Satoshi Endo

PROFILE

photograph bySatoshi Endo

posted2007/11/29 00:00

BSを得た新天地で中野の巻き返しに期待。<Number Web> photograph by Satoshi Endo

 中野真矢の'07年は、自身はもちろんのこと、周囲の期待をも裏切る散々なシーズンだった。

 カワサキからチャンピオンメーカーのホンダへ移籍し大きな期待が寄せられたが、結果は10位を最高位に総合17位。サテライトチームの「コニカミノルタ・ホンダ」で開発が遅れたRC211Vを駆り、今季大苦戦のミシュランタイヤを使う中野にとっては厳しい1年となった。

 苦戦した最大の要因は、シーズン当初から車体のセットアップが決まらず、ニューパーツが投入された後半戦も悪い流れを脱却できなかったところにある。その点について中野は、「バイクの現状に合わせて乗り方を変えようと努力したが、そうすると自分の良い部分が生きなくなってしまう」と語っていた。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 583文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

我らの証。 J FINAL Emotions 2007

Sports Graphic Number 692

我らの証。 J FINAL Emotions 2007

 

MotoGPの前後の記事

ページトップ