SCORE CARDBACK NUMBER

賞金女王・横峯さくらの
ターニングポイント。
~諸見里との勝負の分かれ目~ 

text by

三田村昌鳳

三田村昌鳳Shoho Mitamura

PROFILE

photograph byKYODO

posted2009/12/11 06:00

賞金女王・横峯さくらのターニングポイント。~諸見里との勝負の分かれ目~<Number Web> photograph by KYODO

最終戦最終日で逆転し、今季通算6勝目。史上最高賞金額となる1億7501万円を獲得した

 最終戦で逆転賞金女王に輝いた横峯さくらが「やっぱり未熟です」と大粒の悔し涙を流していたのは、10月初旬の日本女子オープンでのことだった。最終日に65のビッグスコアを出して、宋ボベに追い付き、プレーオフに持ち込む。だが、その1ホール目、入れれば優勝という4メートル足らずのパッティングを、わずかに外した。

「実は、キャディとの意見の食い違いがあって……。でも、最後は自分が決めたライン通りに打とうと思ったのですが」

 迷ったままの1打で敗れたのである。

 横峯は、今季4月から6月までに3勝し、早くから賞金女王を意識していた。ところが、それが「変なプレッシャー」となって襲いかかり、9月のマンシングウェアレディース東海クラシックまで未勝利の期間が続いた。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 570文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

親子論。天才男子のつくりかた

Sports Graphic Number 743

親子論。
天才男子のつくりかた

 

関連記事

諸見里しのぶ
横峯さくら

女子ゴルフの前後の記事

ページトップ