SCORE CARDBACK NUMBER

日進月歩のサッカーに
日本はついていけるか?
~悪しき伝統を捨てたドイツ~ 

text by

浅田真樹

浅田真樹Masaki Asada

PROFILE

photograph byMutsu Kawamori

posted2009/07/07 06:00

日進月歩のサッカーに日本はついていけるか?~悪しき伝統を捨てたドイツ~<Number Web> photograph by Mutsu Kawamori

22日のイングランド戦でも引き分けたドイツ。イングランドとともに、準決勝進出を決めた

 どうやらドイツが柔らかくなっている。南アフリカでのコンフェデレーションズカップを前にスウェーデンに立ち寄り、U-21ヨーロッパ選手権を取材していて、その思いを強くした。

 極端に表現すれば、体が、特に股関節が固そうで、スムーズにインサイドキックを蹴ることができない。それがドイツの選手に対する私のイメージだった。

 典型的なのは、メッツェルダーやメルテザッカー。当然、DFラインから流れるようなパスワークで攻撃を組み立てて、などというわけにはいかなくなる。

 ところが、U-21ドイツ代表を見ていると、そうした選手が見当たらないのだ。センターバックは滑らかなボールさばきでパスをつなぎ、前が空けば自ら持ち上がる。またGKでさえ、11人目のフィールドプレーヤーとして、落ち着いてつなぎに加わっているのである。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 542文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

[サッカー日本代表特集]変革なくして4強なし。

関連記事

サッカー日本代表の前後の記事

ページトップ