SCORE CARDBACK NUMBER

8年の歳月は、日本に何をもたらしたのか。 

text by

永井洋一

永井洋一Yoichi Nagai

PROFILE

photograph byNaoya Sanuki

posted2005/03/31 00:00

8年の歳月は、日本に何をもたらしたのか。<Number Web> photograph by Naoya Sanuki

 初めてこのコラムを書いた410号で、私は'97年元旦の天皇杯で3―0と勝利したヴェルディ川崎(当時)の多彩な攻撃を分析し、同時に'96年アジアカップで苦戦した日本代表の個人の突破力不足を嘆き、イランの1対1の強さを評価した。2回目の412号では、ユース年代の足元ばかりのプレーを批判しつつ、当時、桐光学園の生徒だった中村俊輔の非凡な才能に期待した。

 あれから8年の歳月が流れた。今年の元旦、ヴェルディはかつての輝きを再び見せ、日本代表は昨年のアジアカップで成熟した闘いで優勝、特に玉田圭司はすばらしい突破力を披露してくれた。そして日本代表は今、当時と変わらぬ個人能力の高さを誇るイランと闘わんとしている。アウェイの決戦の鍵を握るのが、セリエAプレイヤーに成長した中村俊輔だ。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 612文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

[Champions League Final8]The Survival of Tomorrow

サッカー日本代表の前後の記事

ページトップ