SCORE CARDBACK NUMBER

今年もフェデラーを阻んだ
赤土の魔力。 

text by

吉松忠弘

吉松忠弘Tadahiro Yoshimatsu

PROFILE

photograph byHiromasa Mano

posted2007/06/28 00:00

今年もフェデラーを阻んだ赤土の魔力。<Number Web> photograph by Hiromasa Mano

 世界1位のロジャー・フェデラーが、今年も全仏のタイトルを逃した。昨年に続き決勝で同2位のラファエル・ナダルに敗れ、9度目の挑戦も実らなかった。ウィンブルドン4連覇、全米3連覇、全豪3度の優勝を誇るフェデラーにとって、全仏の壁は非常に高い。球脚の遅い赤土が、どちらかというと短期決戦を好み、決め急ぐフェデラーの焦りを生みだすようだ。これまで4大大会すべてを制した男子は5人。1年ですべてを連続で制したのは、バッジ(米国)とレーバー(オーストラリア)の2人だけで、1969年以降、誰一人として達成していない。赤土の全仏、芝のウィンブルドンなど、性質の違う異なるサーフェスを制するのは、フェデラーにとっても、それほど難しいのだ。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 598文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

総合格闘技 “PRIDE後”の世界。DOES UFC RULE MMA?
ロジャー・フェデラー

テニスの前後の記事

ページトップ