SCORE CARDBACK NUMBER

ダントーニ流、「何もしない」監督術。 

text by

宮地陽子

宮地陽子Yoko Miyaji

PROFILE

posted2007/05/17 00:00

 フェニックス・サンズのヘッドコーチ、マイク・ダントーニのまわりにはいつも笑い声が溢れている。イタリア人の血が流れる陽気なダントーニがジョークを口にするからだ。

 プレイオフ1回戦、サンズが完勝した試合について聞かれたときもそうだった。「コーチングがよかったのではなく、選手がすばらしかっただけさ」とダントーニが冗談とも本気ともつかない口調で言うと、記者の間から笑いが起こった。

 本人は意図していなかったかもしれないが、このコメントはダントーニに対する世間の批判を笑い飛ばしているようでもあった。選手に自由を与え、司令塔のスティーブ・ナッシュにすべてを任せるダントーニのやり方に対して、「ただ見ているだけで何もコーチングをしていない」と揶揄する声もあるのだが、それに対して「見ているだけの何が悪いんだ?」と考えるのがダントーニ流なのだ。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 539文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

[THE EUROPEAN CLIMAX]蹴球戦略論。

Sports Graphic Number 678

[THE EUROPEAN CLIMAX]
蹴球戦略論。

 

フェニックス・サンズ
マイク・ダントーニ

バスケットボールの前後の記事

ページトップ